拙者と3Dプリント(キャリハン製作記)その02

またせたなっ!


諸般の都合(資格試験とか)で更新が出来ませんでしたが漸く解禁でござる。

前回送り出されたキャリハンですが、漸く届きました。
発注が7月2日到着が7月17日とほぼ半月かかりました。まあ、海外ならこんなもんです。

届いたキャリハンでございます。

今回はこれを加工していきます。

Step1 パーツチェック
今回印刷する前のチェックで一部の厚みが足りないという警告がありました。
細かいところですがそうしたことは想定内なので実際の出力の際どうなってるかの確認をします。大丈夫そうですね。…んー。気持ち小さいような。でも実用に問題無いです。ハイ。

Step2 パーツ切り離し
ランナーを用いて接続してますのでこれを切り離します。ニッパーで切って、小口をデザインナイフで修正します。
ナイロンの梨地が気持ちいいです。PDRの樹脂製の本体に合いそうです。極力ヤスリ当てない方針とします。(けして面倒だからではございません)

ん、ここで気づいてしまった。ネジ付けの穴が多い…。
元の設計がショート用のを連結しただけなので、穴が多いです。片方潰そうか…いや、両方潰して真ん中に開けるか? 検討しましたが片手支持のため、固定部は多い方が良いと判断し、そのままとしました。


Step3 組み付け確認
なにも考えずにPDRに乗せて、スコープマウントを噛ませてみます。
パーツの合いをチェックし、問題があるようならやすり掛けです
が、今回は問題無いです。思わずイイネ!したくなります。
3D_HighMount_10.png

3D_HighMount_09.png

Step4 軸打ち
底面に真鍮線を仮固定して、スプレー塗装の持ち手にします。
3D_HighMount_03_R.png


Step6 下地処理
下地にプライマーを塗布。今回はタミヤ ナイロン・PP用プライマーを用いてます。
このプライマー吸い込むと頭痛くなります。むう。

Step7 固定ボルト確認
この次点でボルトを買ってきました。M3六角穴付ボルト30mmです。
PDRに合わせるならM3の極低頭ボルトもありです。が、こちらは一般在庫がないのでござる;
3D_HighMount_04_R.png

デザイン的にそのままだとボルトが浮いてしまうし、この長さだと反対側が突き抜けないため6Φで深さ2mm程度ザグリを入れます。
ボール盤とリューターで現物あわせ; ここが面倒です。次の時は元データ加工しようと心に固く誓います;

反対側のステーは同じ加工をするとボルトが出っ張りすぎてしまうので、あえてそのままとしています。
が、こちらはこのままだとナットが半分しか引っかかりません…ちょっとダメそうです。
こっちもむしろ取付け台的なスペースを設けることを考えた方が良さそうです。
これも次回データで対応を検討します。

ボルトの頭が収まるよう2mm程6Φのドリルで掘り、リューターでもんでやります。
ナイロンが思ったよりも硬く、綺麗に削れません。
積層ナイロンなのでケバ立ちますが今回は仕方有りません。
レール側はナットをあてがうだけとしてますが…こちらのほうが問題です。
ナイロンに対してパテを持ってもモロリとおちてしまいます。ナットで力がかかる部分ですから仕方ないとはいえ、ちょっと怖いです。
パテ硬化後にエポキシ接着剤で貼り付けて真鍮線で軸打ち…逆にナイロンの強度が落ちそうですがこれくらいしか思いつきません。

Step8 塗装
塗料をどうしようか激しく悩みましたがホームセンターでシリコン入りのマットブラック&半光沢トップコートを用意しました。
できるだけ強固な塗膜が良いと思ったのですが…。ガン用の缶スプレーも黒が多種有りますがあれらは金属の色合いを出そうとしてる物が多いのでパス。高いし。

Step8 放置
塗装が終わったら一昼夜放置します。
3D_HighMount_05_R.png


んで、できあがったのがこちら!
3D_HighMount_07_R.png
やっぱりナットが浮いてるなぁ。これは元デザインの問題なのでどーにもならんのでござる;

が、自画自賛ながら悪くない出来です。フフフフ。これでPDRの低いレールも活用出来そうでござる。
3D_HighMount_08_R.png


まあ、諸君、ブルパップはいいぞ!(@w@)
スポンサーサイト

拙者と3Dプリント(キャリハン製作記)その02

またせたなっ!


諸般の都合(資格試験とか)で更新が出来ませんでしたが漸く解禁でござる。

前回送り出されたキャリハンですが、漸く届きました。
発注が7月2日到着が7月17日とほぼ半月かかりました。まあ、海外ならこんなもんです。

届いたキャリハンでございます。

今回はこれを加工していきます。

Step1 パーツチェック
今回印刷する前のチェックで一部の厚みが足りないという警告がありました。
細かいところですがそうしたことは想定内なので実際の出力の際どうなってるかの確認をします。大丈夫そうですね。…んー。気持ち小さいような。でも実用に問題無いです。ハイ。

Step2 パーツ切り離し
ランナーを用いて接続してますのでこれを切り離します。ニッパーで切って、小口をデザインナイフで修正します。
ナイロンの梨地が気持ちいいです。PDRの樹脂製の本体に合いそうです。極力ヤスリ当てない方針とします。(けして面倒だからではございません)

ん、ここで気づいてしまった。ネジ付けの穴が多い…。
元の設計がショート用のを連結しただけなので、穴が多いです。片方潰そうか…いや、両方潰して真ん中に開けるか? 検討しましたが片手支持のため、固定部は多い方が良いと判断し、そのままとしました。


Step3 組み付け確認
なにも考えずにPDRに乗せて、スコープマウントを噛ませてみます。
パーツの合いをチェックし、問題があるようならやすり掛けです
が、今回は問題無いです。思わずイイネ!したくなります。

Step4 軸打ち
底面に真鍮線を仮固定して、スプレー塗装の持ち手にします。
3D_HighMount_03_R.png


Step6 下地処理
下地にプライマーを塗布。今回はタミヤ ナイロン・PP用プライマーを用いてます。
このプライマー吸い込むと頭痛くなります。むう。

Step7 固定ボルト確認
この次点でボルトを買ってきました。M3六角穴付ボルト30mmです。
PDRに合わせるならM3の極低頭ボルトもありです。が、こちらは一般在庫がないのでござる;
3D_HighMount_04_R.png

デザイン的にそのままだとボルトが浮いてしまうし、この長さだと反対側が突き抜けないため6Φで深さ2mm程度ザグリを入れます。
ボール盤とリューターで現物あわせ; ここが面倒です。次の時は元データ加工しようと心に固く誓います;

反対側のステーは同じ加工をするとボルトが出っ張りすぎてしまうので、あえてそのままとしています。
が、こちらはこのままだとナットが半分しか引っかかりません…ちょっとダメそうです。
こっちもむしろ取付け台的なスペースを設けることを考えた方が良さそうです。
これも次回データで対応を検討します。

ボルトの頭が収まるよう2mm程6Φのドリルで掘り、リューターでもんでやります。
ナイロンが思ったよりも硬く、綺麗に削れません。
積層ナイロンなのでケバ立ちますが今回は仕方有りません。
レール側はナットをあてがうだけとしてますが…こちらのほうが問題です。
ナイロンに対してパテを持ってもモロリとおちてしまいます。ナットで力がかかる部分ですから仕方ないとはいえ、ちょっと怖いです。
パテ硬化後にエポキシ接着剤で貼り付けて真鍮線で軸打ち…逆にナイロンの強度が落ちそうですがこれくらいしか思いつきません。

Step8 塗装
塗料をどうしようか激しく悩みましたがホームセンターでシリコン入りのマットブラック&半光沢トップコートを用意しました。
できるだけ強固な塗膜が良いと思ったのですが…。ガン用の缶スプレーも黒が多種有りますがあれらは金属の色合いを出そうとしてる物が多いのでパス。高いし。

Step8 放置
塗装が終わったら一昼夜放置します。
3D_HighMount_05_R.png


んで、できあがったのがこちら!
3D_HighMount_07_R.png
やっぱりナットが浮いてるなぁ。これは元デザインの問題なのでどーにもならんのでござる;

が、自画自賛ながら悪くない出来です。フフフフ。これでPDRの低いレールも活用出来そうでござる。
3D_HighMount_08_R.png


まあ、諸君、ブルパップはいいぞ!(@w@)

拙者と3Dプリント(キャリハン製作記)その01

マツコの知らない3Dプリンタの世界


製作記といっても0から3Dデータ生成が出来たわけでは無く、既存の物を印刷した記録でござる。

以前からPDR用、またMASADA用にキャリハン(キャリングハンドル)が欲しいと思ってました。
キャリハンと20mmマウント兼用のものが有ればいいなぁと。
ただ市販のものですと最近漸くライラクス様が出してくれたのがありますが、お高い、長い、デザインがちょっとイヤ
などと問題がありまして適当なものを探していた次第です。

そんな折、フリー3DデータのThinkerCADから、よさげなデザインのものを発見。
3D_HighMount_02.png

https://www.tinkercad.com/things/i5HalZBKXcK-airsoft

物はハイマウントなんですが、ちゃんと指が入る穴があいてます。
これしかない!と思い、印刷することにしたのでござる。

Step1 STLデータを抽出
このデータ、L・M・Sのレール長のものとGoPro用マウンタが一緒になってるものでした。
これをそのまま印刷してしまうとイラナイ部品代が嵩んでしまいます。
そこでまずはDLしたデータから必要な部分(Lサイズのデータのみ)を抽出します。
抽出にはMeshmixerを用いました。フリーのメッシュツールですが、STLファイルに対応し、必要部分以外の削除が出来ます。
選択>投げ縄で大まかな不要部分を削除し、STLで保存します。

Step2 パーツ分割
構造的にハンドル部分と留め金部分がありますので、ここも上記と同じ手法で切り出します。
こっちは部品が近くにありすぎるので投げ縄では無くライトで選択しました。
切り出した部品毎にSTLで保存しておきます。

Step3 パーツのランナー付け
このまま印刷をすると2パーツ印刷することになるので大抵のサービスでは2パーツ分の費用が掛ります。
そこでこの二つをランナーで繋げて1パーツとして認識させ、プリントサービスに出し倹約します!
WEBブラウザで動くThinkerCADを用いてSTLファイルをインポートし、2つの部品を並べます。
並べたら2mmの丸棒を作成し、適当な所に差します。
最後に丸棒の端を四角柱データで繋げてやれば、完成です。念のため、反対側にも作ってあります。
できあがったらこれらを全体選択してグループ化してやります。これをしないと別データとしてSTL出力されてしまい、プリントサービスによっては不適切データとして弾かれてしまいます。

Step4
3DプリントサービスiMaterialで印刷を依頼します。
今回はお試しと言うことも有り一番安いナイロンです。
以上で出力依頼まではお終いとなります。


そしてマツコと数日…ではなく待つこと数日

iMaterialからメールが来ました。
「お前のデータ印刷したら壊れちゃったけどいいよねっ? 答えは聞いて無いっ!」
3D_HighMount_01.jpg

見るとどうやらランナー部分がモロリと逝ったようです。
「問題無い、オクレ」
返信したところ期日どうりに送るよとのことでした。一安心。
しっかし白いなぁ。当たり前だが。
まあ、諸君、ブルパップはいいぞ!(@w@)

拙者と激安スコープ その01

狙い撃つぜっ!


ちょっと閑話休題。先日TOMORROW殿と秋葉原のターゲット1で実射テストを行ったところ
15mの距離でターゲットが見えづらいという事実が発覚。(爆
んで、スコープが欲しいなとは前から思ってたので適当なのを探してました。
光学機器の闇は深いのでその深淵をのぞき込む気にはなれず、適当なものとでお茶を濁そうという魂胆でござる。
まあ、そうやって毎度深みにはまるのが拙者の常。なんせこれまでの所の戦績が以下の通り。

確かにこれまでの光学機器の購入は…
一回目
  ELCAN SPECTOR
  安いので飛びついたら4倍固定だったorz
  でも1倍・4倍切替より明るいらしい。
DROW!

二回目
  ハンドガン用DATサイト
  送られてきたのが電源が入らない不良品。
  次いで送られてきたのが左右調整がまともに出来ない不良品。
  ミリタリーブラッド二度と使わない。
LOSE!

三回目
  ハンドガン用DATサイト
  あまりにも酷かったので買い直し。
  比べるのもおこがましい位の品が来たので大満足。
WIN!

まさにご覧の有様だよ…orz
光学機器は知ったもの以外は通販にてを出すと痛い目にあうというのが拙者の教訓。

なので今回も無難に知っているメーカーの知っている機種(実際に手に取ってみたことのあるもの)で選ぼうと思っておりました。

ちなみに今回の拙者の要望
・20m~50mくらいの距離で使える。
 実際のエアガンの射程はせいぜい50m。それ以上なんて狙えるわけも無し。
 先日のレンジで実測したのですが15mだろうが20mだろうが弾着修正はいくらでも出来ます。
 スコープが必要になるのはセミオートによるシビアな狙撃なのでその点を鑑みると20mくらいかなぁと。
 ぶっちゃけ15mまでならアイアンサイトで十分だし。
・できれば1倍(等倍)でダットサイト扱いできるものが望ましい。1.25倍~だと微妙に使い勝手が悪いのでござる。
 これは拙者がDATサイトを使う際、両目を開いて右目でDAT、左目で視野補正をとるという使い方をしているから
 下手に倍率が入るとすっころびます。
・軽いほうがいい。
 基本サバゲなんて動いてなんぼでござる。なんで装備は出来るだけ軽い方が望ましい。
 無論軽くて高性能になればなるほどスコープは高くなりまする。
 
なんでいろいろ見てると等倍から4倍までズームできる1-4xというタイプのものがあるらしい。
欲を言えば1-6xというのが欲しいがこちらは最低でも5万以上。おおう・・・。
基本的に銃より高い装置を銃に付けたいとは思わないので、これはないでござる。
で、肝心の1-4xだが評判がいいのはShureHit1420という国産品。お値段三万程度・・・お高いわっ!
や、下手なスコープ買うならこれが鉄板という品なのは判るが・・・これでも高すぎでござる。
お財布が許してくれず、イロイロ探したところ引っかかったのが中華スコープ。

FireWolf 1-4x25 20㎜マウント付 という品でござった。

FireWolf ときいてもピンとこない拙者がWEBでちょっと調べてみたがたいしたことが判らない。
ただ米アマゾンでも販売されているスコープだったのでスペック自体はそれなりに判った。

全長:222mm
メインボディチューブ径:25.4mm
重量:? 400g以下と思われるが正確な重さが何処にも明記が見当たらない;
倍率:1.03x-4x
対物レンズ:20mm
接眼レンズ:30mm
アイリリーフ96-75mm
照準修正/クリック角:75MOA/0.5MOA
防水仕様
素材:6061アルミ

1-4倍のバリフォーカルレンズで拡大にあわせ、クロスラインも大きくなるのでMOAは数え間違えないと思う。
レリーズハンドル付で操作性も悪くなさそう。
で、さっそくポチってみた。(爆)

海外通販の為、発注から約15日で到着。
届いた品がこちら。
SCOPE_00_R.png

開けてみた感じがこう。
SCOPE_01_R.png

うん、わるくないわ。バトラーキャップが若干安っぽいのと接眼レンズ側が抜けやすいけど・・・ここら辺はバトラーキャップの内側に紙テープでも貼れば調整可能。等倍で覗いてダットサイト代わりにも使えそうです。25mmチューブが思ったよりも大きいかと。
重さも左程ない。ホロサイト+ブースターなんかに比べたら全然軽い。
バッテリーを入れてみると・・・光る。光るが・・・ライン全体がぼややんと光る;
てっきり真ん中だけが光るかと思ってたのだが・・・うーん、まあ、いいか?;

こうなるとハイマウントが欲しくなるなぁ。

まあ、諸君、ブルパップは・・・あ、これブルパップ関係ないでござる(>w<)

拙者とPDR-C その17

  • 2017.06.27 13:00
  • Cat:PDR-C

Orga ....What should I do next?



前回でカスタムの終わりが見えたかに思われた、しかし、大雨によって今月のサバゲは伸びてしまった・・・。
降ってわいた猶予に喜ぶのもつかの間。また電動ガンの無限地獄に墜ちていくのであった・・・。
PDR_C_058_20170627101021251.png

仕様として、以下の状態で初速確認
・純正バレル(230mm)
・PDI 加速ポート付シリンダ
・マルイホップ+虫ゴムホップチャンバーラバー
・純正スプリング
スプリングは強くすると前回の様にモーターが焼き付く可能性がある為あえてノーマルです。
初速は62m・・・ひっくっ

ついで、チャンバーを換えて確認。
・純正バレル(230mm)
・PDI 加速ポート付シリンダ
・自家製ホップ抑え+MS スリックパッキン(ハード)+ファイアフライ うましか(辛口)
・純正スプリング
初速は63m・・・あっれぇ? 誤差範囲?!

仕方ないのでちょいと仕様を変更
・メイプルリーフバレル(260mm 6.01精密バレル)
・PDI 加速ポート付シリンダ
・自家製ホップ抑え+MS スリックパッキン(ハード)+ファイアフライ うましか(辛口)
・純正スプリング
初速は64m・・・ひっくっ ほっとんどあがらん!

こうなっては仕方有りません・・・バレルをカットします!
PDR_C_060.png
まずパイプカッターでぶった切ります。
PDR_C_061.png
切り口は圧延されてこんな感じ
PDR_C_062.png
これをテーパーリーマーでごりごりします。・・・画像は途中状態。
PDR_C_064.png
組み込む前の状態がこれ、アウター先端のOリングによる中心出しが期待できないのでそちらは撤去し、かわりにアルミテープでインナーバレルを巻いときます。

では実験! 仕様はこうなります。
・純正バレル(200mm 吐出口はテーパーリーマーでテーパー化)
・PDI 加速ポート付シリンダ
・自家製ホップ抑え+MS スリックパッキン(ハード)+ファイアフライ うましか(辛口)
・純正スプリング
初速は68m・・・ぬおおお!

要するにバレルが長すぎたんだな・・・。それで初速がこうなると・・・飛距離は推して知るべしだろうな
お座敷仕様になってしまった・・・。

仕方ないのでさらに仕様を変更
・純正バレル(200mm 吐出口はテーパーリーマーでテーパー化)
・純正シリンダ(ポートなし)
・自家製ホップ抑え+MS スリックパッキン(ハード)+ファイアフライ うましか(辛口)
・純正スプリング
初速は74m・・・も、もう一声。
PDR_C_065.png

というかなんでこんなに苦労しているんだろう、わけがわからないよ。● w ●

多分加速ポート付のピストンでやるならトルク型のモーターにして120%スプリングつっこむのが正解なんだろうなぁ。
こうなったら仕方ない。禁断の手法に走ろう。

オルガ、次はどうしたら良い?
PDR_C_066.png

まあ、諸君、ブルパップはいいぞ!(@w@)