FC2ブログ

拙者とMacBookAir その02

  • 2018.11.12 17:00
  • Cat:PC

「2018年MACのAIR」


ぶっちゃけて言うが今回のMacBook更新だが本来ならするつもりは無かった。
MacBookProに移行したばかりだったから当然である。

それでもこのタイミングで踏み切った理由は
1.まだ手持ちのMacBookProが中古下取りでそれなりの値段になるから
2.MagSafeの電源抜けが余りに酷く辟易した
3.CADやるのにパワー不足が否めない
4.拡張性が厳しい。正直もうDocも手に入らない。ThunderBolt移行しときたい。
5.iPhone我慢したからいいんじゃね?
という点である。

で、買い換え対象がなぜAirなのか?
正直今回のMacBookAirって、前モデルに対しあまり大きなアドバンテージがない。
はっきり言ってこの金額出すなら修理品のMacBookProProのほうがよくね?
と思う所だが以下の1点でこちらになった。

・修理上がり品にメモリ16GBがない。
 これは困るキャッシュ部分重視な拙者にとっては外せないのである。
 メモリキャッシュはPCのレスポンスに大きく係わってくる。モバイルであればCPU消費に電力をさけない以上ここを重視すべきだと考える。

 修理上がり品でメモリ16GBがあればそっちに飛びついたと思うが・・・。あ、でもProのぺらぺらキーボードはちょっとイヤ。

そんなわけでカスタマイズ内容はメモリ8GB→16GB変更で決定。
購入!
ふだんならここで脳内会議がガタガタ言うところだろうが今回はもうProを売っぱらったあとなので速攻である。


さて、次は恒例の周辺機器でござるな。

拙者の場合欲しいものは以下のとおり
・AppleCare 3ヶ月以内に家電量販店で購入すればOK
・日本語IME Atok?
・Office   必須。
・パームレスト 手触り次第だけど欲しいが、専用品はまだ存在しない
・液晶保護フィルム 必須
・ThunderBoltマルチメディア変換AD USB機器接続に必須。BookPro用に互換性があるとうれしいのだが。
・Type-C=Lightningケーブル 上記では転送速度が落ちる恐れがあるためiPhoneバックアップ時などに使う用
・電源(Type-C 30W PD) 自宅用と持ち運び用で分けたい。

AppleCareは一緒にかえば良かったんだが店舗で買えば店舗のポイントも付くからそっちにした。
ATOKとOFFICEは全回のMacBookProにあわせて購入した奴がまだ最新だからそのままでOK
・・・というかOfficeはそろそろバージョンアップしないのか?;いまだ2016なんだが・・・。
パームレストは肌触り次第だが以前のざらついたアルミの感触だったらやっぱり欲しいなぁ。
最悪以前購入してた奴を買って自分で適当にサイズ合わせて切り貼りだ。
液晶保護・・・ここはどうだろう、Proに使ってた13インチの残してあるのでそれが使えると嬉しいが。

多分電源が一番最初に購入。TypeC=Lightningケーブルが2番目か?
外部出力は基本ネットワーク接続出来ればなんとかなるし。
マウスはつかいまわ・・・あ、USBだこれ。orz もしかしてBluetooth用買わなきゃだめか?
ThunderBoltマルチメディア変換ADコレ買わないとUSB機器繋げない・・・。でもUSB機器ないしなぁ。イラナイか?

今回の出費
MacBookAir(16GBカスタマイズ) \193,104- 
AppleCareforMac \ 25,704- 

このMACBookに費やした費用総額 \218,808-

いきなり20万超えちゃったな・・・。
いや、ここで今は亡きMacBookProの下取り金額を足せば!

MacBookPro下取り金額     ▲\65,800- 

このMACBookに費やした費用総額 \153,008-



よ、よし、なんとかなった!(なにが?
スポンサーサイト

拙者とMacBookPro その2(最終回)

  • 2018.11.09 12:00
  • Cat:PC

第二話「おさらばでございます」


唐突でござるが、最終回である。
うむ。拙者の使っていたMacBookProLate2013だが、色々思うところがあり、買い換えることとした。
主だった理由は以下の通り。

・MagSafe電源が面倒
既存のMagSafeであるがこれの予備の確保が面倒になったこと、また互換性などを考えると今後の主流であるUSB-TypeCに移行してしまった方が良いだろうと考えた。

・CADをするにはちとパフォーマンスが足りない
これが一番驚いたのだが結構CPUパフォーマンスが足りないことがあった。
ただ、現在のMacBookの一番の利用目的であるのでこの点は妥協しかねると考えた。
・バッテリーの保ちが怪しい
あー、拙者の使い方が悪いのかもしれないがハイバネーションで2日保たない。
一度メーカー側にも相談したんだが「問診ではおかしいところが見当たらない」といわれてしまった。
実際に送ってみて貰うには金も掛る話だし、なにより2013年モデルにそこまでお金を掛けるかと言われると
考えてしまう。

・新型MacBookAir13が発売
今後このMACにどれだけ追加費用を掛けるかという事を考えると、もうこのさい新しいのに移行した方が長持ちじゃね?という考えに至った。なんせ今回のMacBookAirはこんな仕様になっている
 ・CPU Intel Corei5(省電力型デュアルコア1.6-3.6GHz)
 ・50.3Whリチウムポリマーバッテリー:最大30日のスタンバイ時間
 ・30W USB-C電源アダプタ、USB-C電源ポート
 ・GPU:Intel UHD Graphics 617/Thunderbolt 3対応の外付けグラフィックプロセッサ(eGPU)に対応 
 ・Retinaディスプレイ搭載
まあかゆいところに手が届くこと・・・しいて言えばCPUはクアッドコアが欲しい所だが・・・バッテリーの保ちとトレードオフな所があるので断念。

で、今ならAppleが下取りをしてくれるというので調べてみると25000円・・・orz AppleCare+にもなりゃしねぇ。
さすがにそれは業腹なのでソフマップでたたき売ることにしたら65000円となった。
まあそれでも拙者の定期券(半年分)に満たないのだが・・・・・・。

このMACBookに費やした費用総額 13,000円


拙者とフツーのプリンタ

  • 2018.07.27 10:37
  • Cat:PC

これは拙者がプリンタを購入するまでの汗と涙と往復の物語りである。


我が家にはブラザーのA3インクジェット複合機がある。これが壊れたので買い換えることとなった。
色々と検討した結果、またもやブラザーのA3インクジェットとなった。

拙者がA3複合機を使ってる理由は一つしか無い。
A3スキャナが付いてるから。

これにつきる。なんせ公共料金の領収書がA4に収まらんのだ。
スキャンしてとっておくのに面倒すぎる。
また雑誌を処分する際、気に入った記事をスキャンして残しておくのにも役立つ。写真雑誌とかサイズが大きいから。

ということで拙者の求める機能はどちらかというとスキャン機能重視なのだ。
ではどうしてスキャナ単体を買わないか?

2018年現在、A3フラットヘッドスキャナ+ADFという物は淘汰されている。
残っているのは写真用の超高画質・超高価格の物しかないのだ。
ぶっちゃけそれ一つ買うと、複合機が3台買えるとかお馬鹿な値段になる。
で、拙者の場合そこまでの超かっとんだ性能のスキャナを必要としていないのである。

プリント機能はどうか? 実際今まで持っていた複合機でA3を印刷したことなどない。はっきり言って無用の長物である。
しかし、スキャナ機能は無いと面倒くさい。一回コンビニのスキャナを使ってみたことがあるがあれはどうにもせわしない。なにこのアウェイ感。これがプレッシャーか?と思うほどである。

そんなわけで自宅にでっかくて邪魔だけどA3複合機を迎え入れることと相成った。

機種選定
インクジェットか、レーザーか?
ぶっちゃけ劣化という点で言うとレーザーの方が普通は長持ちする。
これはインクに比べトナーの方が劣化しづらいからだ。
しかしランニングコストとメンテナンス費はお高く付く。A3複合機とはいえ
卓上型では入るトナー容量が少なすぎる。はっきり言って割高である。

こうしてインクジェット型に落ち着いた。

機能の確認
拙者の用途だと印刷はそんなにしない。が、出来れば写真がそれなりに高画質に印刷出来ると助かる。
今使ってるプリンタはインクが標準的な染料インク、で、最近の主流は顔料インクになりつつある。色がくっきりと鮮明で滲みにくく紙を選ばない顔料インクがありがたい。
また上記のスキャナ機能だがスキャンしたデータを直接クラウドストレージに突っ込む仕組みがある。DropBoxを使っているのでこの機能が充実している事が望ましい。


耐久性
それなりに長く使う事を前提としてる。今まで使ってた奴が3年しか持たなかったのが悲しい。そこで今回は延長保守まで含めて検討した。

メーカー選定 EPSONかブラザーか
ぶっちゃけA3インクジェット複合機はこの2択になる。他は作っていない。HP?知らない子だね?
正直クオリティ的にはEPSONを選びたいところだが、コスト・設置面積を比較して、今回ブラザーとなった。


機種選定
さて、どうしたものかと考えても分からないので、餅は餅屋。プリンタはプリンタ屋に聞くこととした。
大手物販店舗にはプリンタメーカー協賛で各メーカーの専任スタッフが居ることがある。彼らは各メーカーでプリンタのサービス研修を受け、十分な知識を得た専任のプロフェッショナルである。こうしたスタッフに声を掛け、詳しい仕様などを聞くこととした。
見分け型は簡単。各メーカーのロゴの入った服を着たスタッフが居たら、職員証を確認しよう。ちゃんとメーカーの人間である事が確認出来たら詳しいことを聞くといい。


そこで拙者は平日の休みに近所の大手家電販売店ヤマダデンキ大井町店まで車でとことこと向かうこととした。
さて、詳しいであろうメーカースタッフを捕まえて…あれ? CANONのスタッフしか居ない…?
尋ねたところ、今日は研修でお休みだとか…ぎゃふん。


で、翌日。仕事が終わったあと気を取り直してもう一度チャレンジっ
「あ、すいません、メーカーの人、今日は19時で上がっちゃったんです」
…ですよねぇえええ!

開けてさらに翌週末。もう一度日中にチャレンジ!ということでお店に向かう。
ようやくブラザーのスタッフを捕まえ、詳しいことを聞くことができたのだ!!!

現在のブラザーのラインナップは以下のようになっている。

MFC-J6995CDW
最上位機種・インクタンクを専用の物にすることでランニングコストを抑えている高速機
MFC-J6980CDW
6580の2段カセットモデル
MFC-J6580CDW 
普及機


ぶっちゃけ機能的に最下位の6580で十分である。が、詳しく聞いてみたところ以下のような事が分かった。
・今まで使っていた機種に比べ、高速化・高耐久性を謳っている。
 耐久枚数が15万枚となり、廃インクパッドもそれまで交換不要とのこと。
・インクも染料系から顔料系にかわり、より紙質を選ばなくなった。
・プリンタエンジンは3機種とも同じ作りである。最上位モデルはモーター速度を上げることと、インクを変えることでランニングコストを抑えた。
・6980は現在協賛キャンペーン中で5000円の商品券が付き、その場の購入で利用可能である。

最後がしびれた。それならこれでいいかなーと。この日も車で来てたので買って帰る気満々である。
が、一つ気になったことがあった。残念ながら印字サンプルがないとのこと。
たまたまインクがきれてたということでその日はそのまま帰ることとした。

その翌日、仕事が終わってからまた車でヤマダデンキ大井町店まで向かう。
当然時間的にブラザーのスタッフはいないが、店舗スタッフに引き継いでいてくれたため、テスト印刷などは問題無く実施出来た。
出来たのだが…印刷に難があった。
早いのは良いのだが、プリンターヘッドの挙動ずれが酷いのだ。
高速印字でA4印刷すると、3ブロックに分かれてノイズが走る。
これはヘッド制御がモーター挙動に追いついてないのではないだろうか?
ことにこのノイズに文字がさしかかると完全に印刷ずれを起こしてることが分かる。
これには店員も拙者も頭を抱えてしまった。
スタッフが確認してくれるとのことだったので結局この日も手ぶらで帰ることとなった。

その翌々日、いい加減通い慣れた道をひた走りヤマダデンキ大井町店へ。
店舗スタッフを捕まえて話を聞くとやはり高速印字の弊害っぽい。
ことに標準コピーモードだとそのずれが顕著に出るとのこと。

これがグラフモードや写真モードといった別モードだと緩和される。
元々コピーはそんなに使わないが印刷でもこうなるんだと使えないと思うが
そこもドライバの設定でクリアするしかないらしい。

うーん、と悩んだが写真印刷モードをEPSONと比べて結局こちらを選んだ。
EPSONより明らかに綺麗だったからだ。

こうして、拙者はA3複合機をもう一度購入する事となったのである。
けして大井町往復が面倒になったわけではない。。。

Read more...

拙者とiPhone その20

データが…俺のブルーが…



あー、ようやく脱獄が出来たのでまたぞろメモメモである。
こうして作った記録が次回の脱獄に役立つんだからしっかりやっておくべきであろう。
まあ、それをブログに上げるのが正しいかと言われると、フツーは個人的なメモかなにかで残しておくべきだろうが
そんなことをしてたらネタにならん  どこか行っちゃうかもしれないぢゃないか。


今回の環境はこんな感じ
iOS11.3.1
Electra MPTCP1.0.3



前回と違いiPhone単体でいけるお手軽である。しかも七日間認証問題も回避済み。
なのでこれは楽勝! 勝った、勝った、カツ丼だ!
と騒いでいたら間違いでござった…。


Case.1終わらない脱獄
今回のMP版、どうも安定性が悪い。WEBで情報当たっても、成功率は50%くらいと書かれてる。
でも2回やればできるんだったら楽勝だよね?
そう考えていた時期が拙者にもありました…。
が、が、実際やってみるとコレが何度やってもエラー エラー エラー!
繰り返すリブート、くじける拙者の心。
なんで別途公開されていたElectra MPTCP版からVFS版に変えてやってみる。
すると…すんなり上手くいったのである。

Case.2機能が動作しない
ところがぎっちょん、インストールは出来て、Cydiaのアイコンが出てきたのにこれが使えない。
なんでも今回の脱獄は普通に起動しただけだと機能が動作しない。もういちどElectraで機能を有効にしなければならないとか。
ははは、ぬかしおる。という気分でElectraをポチ。 エラー!!!

ぐあああ!! ここでエラーとかなんぞ?!

何度やっても1/3の段階でエラーになってしまう。

しかしいっかいスルっといくとCydiaが起動でき、各種ツールもインスコできたりする。
んでもってリスプリング食らうとまた動かなくなりElectraで有効化しようとするとエラーの嵐…


Case3 最終手段
仕方ないので初期化することとした。とはいえそのまま初期化してはOSが最新版にアップデートされてしまう。
そこでOSバージョンをそのままにして初期化出来る「SemiRestore 11 / Rollectra」を用いる事とした。
利用方法はあっけないほど簡単だった。が、これで拙者は大事なものを失うこととなった。

これまで撮りためてた写真データ。これが綺麗さっぱり無くなったのだ。

まあ、幸い拙者の写真データはFlickrにアップロードしてるのでバックアップは問題無かったのだが…その日の写真だけは永遠に失われることとなった。

町内会のドジョウつかみの写真だったんだがなぁ。

Case.4 決戦!
で、初期化後に再度MPTC版でやったら一発で動作しやがんの…。
流石にびっくりだわ。

今回のインストール物
NewTerm2
前回も使ったターミナルソフト。今回は最初からリポに含まれていた。
使い方
いつものように
>: su root
passwd: alpine
でログオンしてpasswdコマンドを実行。書き換える。
同じくmobile passwdも実行してこちらも同じように書き換える。

Flex3Beta
三菱UFJのRoot化対策これできないと経済的に死ぬ…脱獄必須アイテムである。
こちらは追加リポジトリ不要であった。
Root化するには
1.patches横の+をクリックし対象アプリ「三菱UFJ」を検索
2.候補が3つ出てくるが、そのうちの「三菱東京UFJ Jailbreak/Root Patch」
  を選択。DLする。
3.前の画面に戻るので上記をスイッチで有効にする。
これだけ。

FakeclockUp-ichitaso
リポジトリはここ
コレが無きゃ生きてられない。脱獄お気に入りツール。

TSSServer
リポジトリはここ
SHSHをiPhone単体で取得保存するアプリ。これを用いてWEBサーバーにその端末用のSHSHを保存、これをドロップボックス連携で自己保存を掛ける。

FlipConvert
リポジトリはここ
コントロールセンターを色々カスタマイズできるツール。
これの御陰でサイレントスイッチが有効と成り今回SSpPatchは外す事となった。
設定は一般のコントロールセンターから。

RealCC
これもリポジトリ登録不要。
CC上でWi-FiとBluetoothをきちんとオンオフできるようになる。

SSH Toggle and Port
これもリポジトリ登録不要。
SSHのオンオフができるようになる。上記FlipConvertでCC上から実行可能。

Read more...

拙者と3Dプリンタ・ちょっとネタ編<心で撃つ!>

51.jpg
52.jpg
53.jpg
54.jpg
55.jpg
56.jpg
57.jpg
58.jpg
59.jpg
60.jpg
61.jpg